ツール・ド・さくらんぼ2017エイド情報Part8、慈恩寺エイドを紹介させて頂きます。
 慈恩寺エイドはすべてのコースのエイドとなっております。

奈良時代天平年間に聖武天皇の勅命によって開基されたと伝えられております。
江戸時代の寺領2800石余は東北随一です。
桃山様式,鎌倉様式などを残し,国指定重要文化財に指定されております。

例年ですと、慈恩寺の駐車場をエイドとしておりましたが、この度は『慈恩寺活性化センター』という場所がエイド設営場所となっております。

慈恩寺エイドでは、『翡翠しるこ』と山形名物の『玉こん』を提供致します。

2015年に米沢栄養大学・女子短期大学と、悠久の里慈恩寺運営委員会おもてなし班が共同で完成した慈恩寺鍋の中でも、一番人気の「ひすいしるこ」は秘伝豆の緑も鮮やかで冷たくても美味しいスイーツ鍋です。今回は具なしですが、「慈恩寺いっぷく庵」というお店にあります(要予約)ので本当の具ありを食べたい方は、またお越しください。